捨てちゃだめ?なぜ必要?こどもに教えるリサイクル

リサイクルをする理由とは

リサイクルしなければいけない

ゴミを増やさないことで、有害物質の発生を抑えることができます。
有害物質が発生すると、生き物や自然にダメージを与えてしまいます。
ですから今はゴミを増やさないように、リサイクルする取り組みが進められています。
リサイクルすることで、資源の無駄遣いを抑えられる面もメリットです。
資源は限りがあるものです。
当然使い続けるといつかはなくなるものなのです。
後世にも資源や、綺麗な環境を残すためにリサイクルに全員で取り組むことが大切です。

ではどのようなリサイクル活動があるのか、調べていきましょう。
ものが壊れても簡単に捨てないで、修理してください。
修理すれば再び使えるようになります。
パソコンなど家電や、服をリメイクして小物を作ったりするのが良い方法です。
また必要なくなったものは、リサイクルショップに持って行きましょう。
すると商品となって、求めている人に買われます。
ゴミにならないので、地球環境に優しい取り組みだと言えるでしょう。

ゴミを分別することも、リサイクル活動に繋がります。
こどもでも分別方法を教えれば、自分で分けられるようになるでしょう。
ゴミは、ゴミ箱に捨てるということが大切です。
リサイクルの大切さや、環境を守らなければいけないことを伝えて、絶対にポイ捨てをさせないでください。
親子でリサイクル活動に取り組むと良いですね。
こどもとのコミュニケーションになりますし、親のマネをこどもはします。
親が積極的に、活動しましょう。

簡単に捨てない取り組み

環境を守ることで、人間を含めた全ての生き物が暮らしやすい世界になります。 何も考えないと有害物質がたくさん発生して、どの生き物も住めなくなってしまいます。 綺麗な環境の中で生きるため、リサイクルが必要だと言われています。 こどもにも、リサイクルを意識させましょう。

どんなことができるのか

リサイクルの大切さがわかったところで、どのような活動がリサイクル活動に繋がるのか調べましょう。 家電や家具、服などが壊れたら修理して使うことが、地球環境を守ることに繋がります。 修理すれば再び使用できるので、ゴミになりません。 何度も修理して、使い続けましょう。

不要になったら売ろう

街中には、リサイクルショップがあります。 いらなくなったものを買い取ってくれるお店なので、不用品をどんどん売りましょう。 使わない家具や家電、さらにオモチャなども売れます。 こどもでも、リサイクルショップを活用できるでしょう。 お金にもなるのでお得です。

TOPへ戻る