リサイクルをする理由とは

紙製品は燃えるゴミではない

大人がお手本になろう

紙をきちんと資源ゴミに出すことで、再び別の紙製品として活躍することができます。
紙製品を作る時は森林を伐採していますが、リサイクルすることで森林の伐採を食い止めることができます。
ですからきちんと、資源ゴミとして出さなければいけません。
新聞や雑誌、使い終わった書類などは全て資源ゴミです。
紙製品は燃えるゴミだと思っている人が多いですが、間違えないでください。

また、コピー用紙の表だけ使って捨てる人が見られますが、もったいないので裏も使ってください。
コピー用紙を小さくカットすることで、メモ用紙になります。
液体のりとティッシュペーパーで一辺を糊付けするとブロックメモになります。
少しでも白い部分が残っていたら、まだ捨てないでください。

牛乳パックや食品トレイ

毎日、牛乳を飲んでいる家庭が多いと思います。
飲み終わった牛乳パックは、どのようにして処分しているでしょうか。
スーパーなどには回収ボックスがあると思いますので、近所のお店で見てみてください。
燃えるゴミに捨てるのではなく、回収ボックスにきちんと入れてください。
するとリサイクルされるので、環境を守る活動に繋がります。

牛乳パックは、飲み終わったら綺麗に洗って、乾かしてください。
洗う際は、水で流すだけで大丈夫です。
しっかり乾かさないと、嫌な臭い原因になるので注意しましょう。
そして解体して、平らにするのがマナーです。
肉や魚が入っている食品トレイも、回収ボックスがあります。
スーパーに設置されているので、買い物に行くついでに利用できるでしょう。


シェア
TOPへ戻る