リサイクルをする理由とは

簡単に捨てない取り組み

ゴミを増やさないことが目的

余計なゴミが増えると、それを処分するためにエネルギーを必要とします。
すると有害物質が発生しやすくなるので、環境の悪化に繋がります。
ゴミがこのまま増えると、有害物質も増えるので生き物が住めなくなってしまうでしょう。
全ての生き物が無事に暮らせるように、リサイクルを意識しなければいけません。
ものを使い回すことで、ゴミが増えることを回避できます。

まだ使えるものは、簡単に捨てないでください。
最後まで使いきって、本当に使用できなくなってかた捨てましょう。
これまでは少し残っているものでも捨てたり、使えるものを捨てていた人がいると思います。
心を入れ替えて、今後は気をつけてください。
リサイクル精神を持って生活を送りましょう。

資源を無駄に使わない

様々な製品を作るために、資源が使われています。
後世にも資源を残さなければいけないので、使う量を節約しなければいけません。
リサイクルすることで資源の無駄遣いを抑えることができます。
森林や石油などの資源がありますが、ほとんどが有限だとこどもにも理解させてください。

このまま使い続けていると、今のこどもたちが大きくなる頃には、資源がなくなってしまう可能性があります。
資源がなくなったら製品を作れないので、生活を送ることができません。
またその頃には自然環境も悪くなっているので、他の生き物も絶滅してしまいます。
リサイクル活動は、生き物を守ることに繋がります。
自分たちだけでなく、自然全体のことを考えて取り組みましょう。


シェア
TOPへ戻る